酵素の働きとその種類

最近健康ブームということもあって、酵素という言葉を耳にする機会も増えました。

ですので、酵素が健康に良いということはなんとなく知っている、という人は多いでしょう。でも、酵素が具体的に、どんな風に健康にいいのか説明できる人は少ないかもしれません。酵素はいったい何なのか、どんな健康効果があるのか、また、酵素の種類についてもまとめてみました。

酵素って何?

酵素は、私たちが生活していくうえで必要不可欠な成分です。私たちの身体の中にもともとあるもので、消化や吸収、代謝に深くかかわっています。

でも、酵素は年齢とともに減少することが分かっています。そのためだんだんと体の機能が低下してくるのですね。

ですから、健康的な生活をおくるには、普段から酵素を積極的に摂取する必要があります。

酵素には3つの種類がある

酵素には大きく分けて体内酵素を食物酵素に分かれますが、体内酵素にはさらに消化酵素と代謝酵素があります。

体内酵素・・・体内に存在している酵素のこと。
・消化酵素・・・消化分解にかかわる酵素。
・代謝酵素・・・エネルギー代謝にかかわる酵素。

食物酵素・・・食物に含まれている酵素のこと

酵素が不足するとどうなる?

酵素は消化やエネルギー代謝にかかわっていますので、これが不足すると消化機能や代謝機能に悪い影響が出てしまいます。具体的には、消化不良になり、食べ物からの吸収率が悪くなってしまいます。

また、エネルギー代謝効率も悪くなるので、脂肪などを蓄積しやすくなります。年齢を重ねると太りやすくなるのも酵素不足に由来しているのですね。

酵素は食べ物から摂取できる

食物酵素といわれるように、酵素は私たちの身近な食材にも含まれています。ですので、体内酵素が不足しても外から補うことが可能です。

酵素を含む食品としてよく知られているのが大根やパイナップルではないでしょうか。
これらには、たんぱく質を分解してくれる酵素が含まれているので、肉や魚類と一緒に摂取することで、胃腸の負担を減らすことができます。

酵素を食べ物から摂取するときの注意点

酵素は普段の食べ物から摂取できますが、少し注意したい点があります。それは、酵素は熱に弱いということです。

このため、酵素を食べ物から摂る時には、生で食べるのが一番おすすめです。
普段の食事で生の野菜をたくさん食べるのが難しいという人は、酵素ドリンクや酵素サプリを利用するのもおすすめです。

毎日の食生活に酵素の力を利用してみてください。