酵素ダイエットに失敗しないための注意点

酵素ドリンクや酵素サプリなど、酵素ダイエット用の健康食品はたくさん販売されています。

酵素を外から補ってあげるとダイエットサポートになりますが、中には効果が感じられないという人もいます。
酵素ダイエットに失敗しないためにも、いくつか気をつけたい点があります。

・酵素商品頼みで生活習慣が乱れている

酵素ドリンクやサプリなどの酵素商品は、正しく使えば食事制限などをしなくても、少しずつ痩せてきます。

酵素を取っているから大丈夫だと過信してしまって、生活習慣が乱れてしまうとやはり太ってしまいます。

食べ過ぎたり糖質、脂質の多いものを取りすぎるなど、カロリー取りすぎだったり栄養バランスが乱れてしまうと、酵素の働きだけで痩せることはできません。

睡眠不足やストレスなど、生活習慣が酵素には大きく影響しますから、ドリンクやサプリ頼みにならずに、生活習慣を整えていくのが大事です。

・即効性はないので継続するのが大切

プチ断食ではない限り、酵素ダイエットには即効性はありません。

体の内側からゆっくりと酵素が働いてくれて、徐々に代謝が高まってくれます。
そのためにも、毎日決まった量の酵素ドリンクやサプリを、長期間続けて毎日飲むというのが一番重要です。

2、3日に1回しか飲んでいなかったり、飲み始めてから1ヶ月程度では効果も出てくれません。

目安量を毎日決まったタイミングで、最低でも3ヶ月は飲むようにしましょう。

・熱に弱い酵素は熱すぎるものと一緒に取らない

冬は寒いですから、酵素ドリンクをお湯やホットミルクで割ったり、酵素サプリを温かい飲み物で飲んでしまうことも増えます。
しかし、これは間違いです。

酵素は熱に弱く、種類にもよりますが48度くらいから機能を停止してしまいます。
温かい飲み物で割ったり一緒に飲んでしまうと、せっかくの酵素が死んでしまって機能を果たせなくなります。

この状態で酵素を毎日取ったとしても、死活していますからダイエット効果は得られません。

冷たい水でなくてもかまわないので、48度という温度を意識しましょう。
なるべく常温の水などで飲むようにして、ぬるま湯やホットミルクを使う場合には48度を超えないのが鉄則です。

・正しい酵素ダイエットでスリムを目指す

正しい酵素ダイエットをしてこそ、リバウンドしないスリムな体を目指せます。
無理に置き換えダイエットなどをしなくても、生活習慣を整えながら酵素商品を正しく取っていけば効果も実感しやすくなります。
自分に合った酵素商品を見つけて、長続きする方法で取り入れていきましょう。